ムダ毛の自己処理とは

自己処理する前に注意することとは

ムダ毛の自己処理とは header image 2

毛の生える仕組みとは

2015年02月28日 · コメント(0) · 未分類

日々のムダ毛処理は美の観点からいっても欠かせないものです。しかし無闇やたらに処理するのではなく、生える仕組みを理解してから臨むとより効率よく処理にあたれることでしょう。

まず全ての根本となるのが細胞の存在です。この部分が細胞分裂を繰り返すことによって伸びはじめ、特に成長期になると近くを通る血管から十分に栄養分を補充することによって細胞分裂の頻度が増し、その成長は10日間で5ミリほどに至ります。3、4ヶ月かけて一度抜け落ちてしまってもその後からまた次が待機しているなど、ひっきりなしの状態が続くことになります。
}PgžxQ
そして伸び始めて3、4年が経つと退行期を迎えます。こうなると細胞との連続性が途切れ、抜け落ちていってしまいます。そうしていつしか休止期となりしばらく新たなものが生えてこない状態が続くこととなります。しかしこの状態はあくまでお休みの時間なのであって、しばらくするとまた細胞分裂がはじまり、再び成長期が訪れます。いわばこのサイクルによって間断なく維持しているのです。

ですから、これらを払拭するにあたっては一本ずつ引き抜いても全く意味はなく、細胞部分を破壊して生える仕組みそのものを断つことが必要となります。レーザーやフラッシュ、そしてニードル施術はいずれもこの細胞を破壊することで大きな効果を獲得しているのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。